タグ別アーカイブ: CodeIgniter

今も生きているPHPフレームワーク CodeIgniter、3.0RCへ

PHP Webアプリケーションフレームワーク CodeIgniter の今について。

cakePHPなどのRailsに影響を受けたフレームワークに比べると、スクラッチのコードをががっと書いたり、ActiveRecordが実質的にお手軽SQL作成器だったり、MVCのMを作らないなんて選択も出来たり、そのゆるさと学習コストの低さから人気だったCodeIgniterですが、以下のOSLライセンスの問題などからFuel PHPや、DIだComposerだSymfony2だとなかなか現代的なLaravelへの移行が起きていると言われています。

【重要】EllisLabが現行の「CodeIgniterライセンス」はGPLと互換性がないという見解を公表しました
http://codeigniter.jp/blog/article/65

とはいえ、今となってはそのライセンスの問題も解決しており、CodeIgniterは(一応)生きているよという話です。正直、公式サイトを見れば書いてある事だけなのですが、あまりにも日本語ソースが無い(みんなもう興味ない……?)ので、簡単にまとめてみます。

ライセンスの問題はMIT Licenseになり解決

CodeIgniterのオーナーが EllisLab から、ブリティッシュ・コロンビア工科大学に移る事になりました。それに合わせてCodeIgniter 3.0も安心のMIT Licenseへの変更となりました。よほどの事が無ければJavaやMySQL、OpenOffice.orgのような事にはならないのではないでしょうか。

CodeIgniter 2.2.1 はPHP 5.6対応へ

CodeIgniter v2.2.0の時点で、ソースを1行だけ修正すればPHP5.6で動作する状態ではあったのですが、修正なく動作するようになりました。2.x系に関してはCodeIgniterライセンスのままなのですが、今2.xで動作しているシステムを新しいサーバーへ移行するような事になっても、新しいバージョンのPHPで利用する事が出来ます(もちちろん自分で書いた部分のコードは検証が必要です)。XSSフィルタなども修正されています。

CodeIgniter 2.2.1 Released 2015.01.22
http://forum.codeigniter.com/thread-843.html

CodeIgniter 3.0 リリース候補版の登場

ライセンスなどの問題も解決したCodeIgniter 3.0のリリース候補版がついに登場しました。ドキュメントもそこそこわかりやすい物が用意されています。2.xからのアップグレードも可能で、これまでのバージョン同様、移行マニュアルが用意されています。

CodeIgniter 3.0 Release Candidate 2015.01.26
http://forum.codeigniter.com/thread-890.html

と、すごくざっくりですが3点まとめてみました。
既にLaravelでバリバリやっている人や、まだ使ってはいないけどそろそろリッチなフレームワークへ移りたい方※、PSR-2準拠でコーディングしたいんじゃーという方ももちろん多く居ると思います。ただ、重厚過ぎないフレームワークの上で素のPHPをさくっと書きたい時や、今既にCodeIgniter 2.xで動いているシステムを今後も長く使っていくためのリプレースには悪くない選択肢ではないでしょうか。

※私自身、そろそろ勉強したいなと。

追記:
2015年3月30日にCodeIgniter 3.0の正式版がリリースされました。
http://www.codeigniter.com/